マルイの旧M16系にモーターが入らない場合の対処方法。

マルイのM16VNをパワーアップします。

 

新品、箱だし状態で初速を測ってみると…

初速78って…遅すぎます。これではサバゲーで戦うことは出来ません。初速厨の少佐としては、最低でも90は欲しいところです。早速改造します。作業内容はギアとスプリングとモーターの交換です。

 

 

でましたよEG700。昔のマルイ製電動ガンに使われていたクソモーターです。こんなモーターよりノーブランド中華モーターの方がよっぽどマシ。

 

 

サクサク分解します。

 

 

ご開帳でございます。強スプリングに耐えれるようにスチール製のギア、ピストンに交換(写真はデフォルト状態)

 

 

デフォルトのピストンってスプリングと一体になってるんですけど、矢印の部分をくり抜くとネジが出てきます。そいつを回せばスプリングが外せます。素直に回る事は稀なので少佐は殆どドリルで壊してます。

 

 

メカボックスのネジはダンボールに位置取りして刺すと作業しやすいです。

それでまぁ順調に組み上げていったわけですが、なぜかモーターがグリップの奥まで入っていってくれません。

 

これはどうしたものかと調べてみると…

矢印の部分の太さが違います。ノーブランド中華モーターの方が太いです。道理で入らないわけです。

ギアが出てくる穴をルーターを削るしかなさそうです。

 

作業終了。これであっさり入るようになりました。EG700が細いのか中華モーターが太いのか分かりませんが、これで一件落着。

早速弾速を測ってみます。

 

合格です。弾道もキレイにまっすぐ飛ぶので良い銃に仕上がったと思います。

はやくサバゲーで使いたいですねー楽しみです。

 

 

おわり

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA