スーパーカブにリアボックス(KB-540)をつける方法

今回はデザートカブにリアボックスをつける記事です。

 

バイクを持っていてもカゴなりリアボックがないと荷物を運ぶのは不便です。荷物輸送の手段としてカブを使うのであればリアボックは必須です。

 

リアボックにも色々種類があって、迷いましたがこれをつける事にしました。

 

アイリスオーヤマのKB-540というバックルストッカーです。

商品説明
一般的な18L・20Lのポリタンクを2本収納できるフタ付き収納ボックス。 密閉効果が高く、耐久性に優れたステンレス製の大型バックル採用。 ベランダや軒下、玄関などの収納に最適です。 フタにパッキン材を使用し、雨水やホコリの浸入を防ぎ、ごみの仮置きや灯油の保管時の気になる臭いも防ぎます。 市販の南京錠を取り付けることができます。内寸450×370×370(間口×奥行×高さ)

 

 

なんでこの箱にしたと言えば

 

単純にデカイから。

 

でもですね、デカければいいってもんでもないのですよ。例えば車の間をスルスル~っと抜けて行くときに横幅が広すぎたら、車にぶつかるかも知れないし、後ろに出っ張って重心が後ろ過ぎても安定しないだろうし。利便性を最大限発揮できるのがこのサイズなわけです。

 

 

そしてこの箱の売りは何といっても鍵を付けることが出来る点です。私はカブで旅したいタイプの人間ですから、後付け加工なしで鍵が付けれるのは非常にありがたいです。
それでは早速、工作開始です。

 

 

材 料

・六角ボルト、ナット(写真20mmですが、20mmだと短かったです)

・ステンレスプレート(柔らかいタイプと硬いタイプ)

・ゴム

・ブラックテープ

 

 

まずは、柔らかいタイプのステンレスプレートを10cmくらいに切ります。

 

 

 

次に硬いタイプのプレートを半分(15cm)に切ります。

 

 

 

カブの荷台を利用して柔らかいプレートを曲げます。

 

 

 

荷台の保護とリアボックスがずれるのを防ぐ為に、ゴムを巻いてその上からブラックテープで固定します。

 

 

 

テープの真横からドリルで穴を開けます。

 

 

 

工作のポイントはダイソーで購入した硬いステンレスプレートを使用する事です。見て下さいこの絶妙な穴の間隔。まるでプレスカブの荷台に取り付ける為に生産されたかの如く長さがピッタリです。

 

 

 

柔らかいプレートで下から固定します。

 

 

 

この工程を4か所すれば、作業終了です。

 

 

 

完成です!!どうです?カッコイイでしょ!ちなみに私はバイクのイメージの合うように缶スプレーで塗装しました。

 

 

 

副次的な効果として、このリアボックス、なんと背もたれにもなります。クッションとか挟んだらもっと快適になりますね~。

 

 

 

カブの積載量が格段に上がるので、この箱(KB-540)はオススメですね~。

 

 

 

おわり

 

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA