意外と簡単。便器をDIYで交換する方法 トイレリフォーム アラウーノの取り付け

この記事では私がDIYでやってみたトイレリフォームをご紹介します。

 

 

まずはこちらをご覧ください。私がボロ家を購入した時に付いていたトイレです。

一応、水洗トイレですがかなり古いです。

当然ウォシュレットもついていません。現代っ子な私はウォシュレットなしのトイレなど考えられません。風呂場と同様に購入当初からリフォームをすると決めていました。

シャワーユニットを組み立てた記事

 

初めは業者さんにリフォームをお願いしようと考えていました。見積もりを取って頂き、金額は本体代と工賃などを含めた合計金額が13万円ほどでした。妥当な金額かなーとは思っていました。

 

しかし、外出のついでにたまたま立ち寄ったリサイクルショップ店でこいつを発見してしまいます。

展示品として利用されていたようで人糞や尿なので汚れた形跡はなく、とてもキレイでした。価格は税別で3万円。

 

 

「や…安い!!これを付ければ良んじゃね(☆Д☆)キラリーン」

 

 

いつものパターンですが後先考えず、まぁなんとかなるだろうの精神でその場で即決購入しました。

 

床排水と壁排水

水栓トイレの排水方式は2種類あります。床排水と壁排水です。床排水は一戸建て、壁排水はマンションに多い方式です。

画像引用サイト

 

トイレの見た目ですぐ分かりますね。自宅に合ったトイレを選びましょう。

 

買ってから判明したのですが、元々アラウーノではないトイレをアラウーノに取替える場合は、別にリフォームフランジを買う必要があったのです。

アマゾン価格で18000円です。高いので色々探していたらフリマアプリで新品が5000円で売っていたので購入。費用を安く抑える事が出来ました。

 

 

買った時付いてきた標準フランジ

 

 

ちなみに余談ですが、アラウーノSにはアラウーノVのリフォームフランジが使えると何処かのブログに書いてありました。安かったので半分賭けでアラウーノVのリフォームフランジを買いましたが普通に使えました。フランジ関係のデザインは変わっていないのかもしれません。

 

古いトイレを外す

まずは元栓を閉めてタンク内の水を抜きます。そしてタンクの下にあるナットを外せばタンクが取れます。

 

 

便器も床にビスでとめられているだけなので、簡単に外せます。トイレの床ってこんな感じになってるんですね~

 

これもフランジの一部です。リフォームフランジを買ってもこの部品は付属しません。別に買う必要があります。これはTOTO用フランジなので、これもアラウーノ用のフランジを用意しなくはいけません。

 

アラウーノ用フランジ。これもフリマアプリで購入しました。

 

 

リフォームフランジを取り付ける

初めての方はここが難所だと思います。どうやって取り付けたら良いか書いてるサイトがほとんどなかったので、私もどうすれば良いか分かりませんでした。詳しく説明しますが、写真だと非常にお見苦しいので図で説明します。

 

既存フランジの取り外しではマルチツールが大活躍しました。他にも方法はあるかもしれませんが、絶対に大変です。

 

グラインダーに取り付けるインナーカッターなんてマニアックな商品もありますが、この刃の値段でマルチツールが買えるので、おとなしくマルチツールを買った方が良いと思います。

 

外す前のフランジの図です。

 

まずはマルチツールで既存のフランジを取り外します。

 

取り外し後

 

 

既存のフランジを外したら塩ビの繋手を接着剤で取り付けます。

 

 

塩ビの繋手は殆どのホームセンターで購入する事ができます。排水に使う塩ビのサイズは一般的に75か100なのですが、こればかりは実際に切って計ってみないと分かりません。

 

塩ビパイプ繋手

 

塩ビ接着剤

 

床からでた排水管を切り取ります。

 

 

最後に新しいフランジを接着剤で取り付けます。

 

 

これでリフォームフランジを取り付ける土台が完成しました。

 

後はこの動画の通りにやればアラウーノを設置できます。

 

 

完 成

こちらが完成した我が家のトイレです。壁紙も張り替えたので雰囲気がガラリと変わりましたね。勿論、ウォシュレットも付いているので快適なトイレライフを送る事が出来るようになりました。

 

ちなみに古い便器ですが、陶器で出来ていたのでハンマーで砕いて家庭ゴミとして捨てました。

 

必要な工具

今回の便器交換で使った工具を紹介します。

電動ドライバー

フランジを床に固定するビス止めなどに使用しました。

 

マルチツール

既存フランジの取り外しに使いました。

 

ラチェットハンドル

ボルトナットの締め付けに使用します。DIY全般で活躍する工具なので1セット持っておいて損はない工具です。

 

コンビネーションレンチ

ラチェットハンドルでは回し難い箇所があったので、コンビネーションレンチを使用しました。

 

施工してみた感想

自分でトイレを交換してみた感想としては、意外と簡単だったということ。業者に注文しても良いですが、オークションなどに安く出品されていたりすので、DIYが趣味の方は自分で交換すると良いと思います。

 

 

リフォーム総額・トイレ本体     32400円
・排水フランジ     5000円
・排水フランジ(床)  1480円
 
 合計        38880円

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA