【ディープ沖縄】沖縄のニューハーフを食ってきた。

名護市の北部に屋我地島(やがじしま)という島がある。観光名所をいくつか回り終え、あてもなく原付でのんびり走っていた時、私の目にとんでもない看板が目に入って来た。

 

 

 

名物ニューハーフ!?(((( ;゚д゚))))アワワワワ

 

 

道の駅など寄るつもりもなかったが、この看板が気になってしまったのでUターンして行ってみることにした。

 

 

ニューハーフ…

 

 

いやいやいやいやまさか。そんなことがあるはずがない。

 

 

そんなことがあるはずがないと考えながらも私の頭にはこういった人物が思い浮かんでしまう。

 

イエエェェェェーーメッチャ ホォォォリデイ!

 

 

ははっ。ニートは毎日がホリデイなのだよ。平日だろうと休日だろうと何も変わりはしないのだ。

 

 

いかんいかん。そんな事はどうでもいい。ニューハーフとは何かこの目で確かめなくては。

ニューハーフショーでもやっているのか、それともニューハーフが店を構えているのか…

 

 

 

原付を駐輪場へ停めて問題のニューハーフの店と思しき場所へ行ってみる。

 

 

 

 

「島の恵み」

 

なんとも意味深な店名ではないか…これは沖縄出身のニューハーフが店を切り盛りしているに違いない。

 

意を決して入店する。

 

店員さん「いらっしゃいませー」

 

出てきたのは小柄な女性?店員である。しかし現時点でこの方を女性と判断するのは時期尚早というものである。これだけ美容医療が発達した今日である。まだ断定はできない。

 

もしかしたらこの方はアルバイトの女性で、別に本命のニューハーフがいるのかもしれない…

 

 

 

 

ハッ!Σ(゚ロ゚;)!!

 

 

 

 

 

 

こ、これなのか。ニューハーフは。

 

 

ココナ少佐「あのぉ…ニューハーフってこの商品のことなんでしょうか?」

 

店員さん「はい!そうですよ。」

 

ココナ少佐「もしかして鳥肉と魚肉を混ぜているからニューハーフって名前なんですか?」

 

店員さん「ええ。そうです。」

 

 

そういうことだったのか。どうやら私の妄想が過ぎたようである。予想は外れたが、一つ買ってみることにした。

 

ほう。なかなか美味しそうではないか。

 

 

パクッ

 

 

ふむふむ。味は若干チキンの味がするカマボコといったところだろうか。野菜も入っていて美味い。

 

 

それにニューハーフの天ぷらもあるではないか。

 

これも一つ購入してみた。

 

 

天ぷらは一つ80円。値段は揚げてないニューハーフの半値ほどだが、量も半分。個人的には揚げてない方のニューハーフの方が好みかな。

チャーガンジュー。意味はチャー(いつも)ガンジュー(頑丈)=【健康】という意味でよく使われている言葉らしいです。

 

 

今回は看板のインパクトでついつい道の駅に寄ってしまいました。鶏肉と魚肉のハーフにわざわざニューを付けたあたりにセンスというか策略を感じます。まんまと乗せられてしまった…

 

 

でもまぁ美味しい食べ物に出会えて、ブログのネタになったので大満足です。

 

 

それでは

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA