【アルミコンテナ活用術】デッドスペースの有効活用 2×4材と1×4材を使って棚を作る 

以前バイク倉庫用に購入したアルミコンテナです。

原付バイクであれば、バイクの他にも自転車や荷物も置ける広さです。

 

しかし天井付近はデッドスペースになっていて、棚を作ればまだまだ収納が出来そうです。

 

そこで今回はホームセンターなどで売られている木材や金具を使って安く簡単に棚る方法をご紹介します。

 

 

作り方

まずは2×4材を40cmに切ります。同じものを3本作ります。

 

切ったらそのままの1×4材にビス留めします。

これが棚になります。私はケチって1×4材を2本しか使っていませんが、真ん中にもう一本くらいあった方が使いやすいと思います。

 

次に2×4材を25cmに切ります。

これを天井から吊るす部材として使います。長さは好みで良いです。

 

 

2×4材にL字金具をビス留め。

 

 

両側に小さいL字金具、真ん中に大きいL字金具を使って壁に棚を固定します。

 

重い荷物も載せたかったので真ん中L字金具は建築用?の頑丈な物を選びました。

 

 

 

先ほど作った2×4材の部材をビス留めします。

 

 

完成です。

 

同じものをもう一つ作りました。

 

 

高さが25cmだと狭いかな?と思っていましたが、意外と物が入ります。全然大丈夫でした。

 

 

たったこれだけでも、部屋が大分広くなりました。棚があるのとないのでは全く違いますね。使用頻度の少ないものは積極的にコンテナに入れていきたいと思います。

 

 

製作費2×4材     1本    300円

1×4材     6本   1200円

L字金具(大)    2個    400円

L字金具(中)    8個    320円

L字金具(小)    4個    200円

 

合計            2420円

 

 

 

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA