【レビュー】まぜ太郎で土間打ち コンクリートで雑草対策 

我が家の敷地をコンクリート化するべくまぜ太郎くんを購入しました。買うまで色々考えんですが、結局買っちゃいました。

 

なんせ我が家は夏場に家を3ヶ月空けただけでジャングルになってしまう家ですからね。いつか家の周辺は全てコンクリートにしたいとずっと思っていました。

土間というほど強固な地面は必要ありませんが、少し厚めのモルタルを地面に敷いてこの好き勝手生えてくる雑草どもを何とか抑制したいのです。

 

コンクリート土間が欲しいと思ったら次の様な選択肢があると思います

①土間工事全てを業者に依頼する

②生コンを運んでもらう

③材料を準備して自分で作る

 

私の場合は③の自分で作る方を選択しました。理由としては①は費用が高すぎるの却下(見積もりすらしてませんが)②は施工したい場所が一段上になっていて猫車が使えないので現実的ではない。

 

 

という事で③で施工する事にしました。これであれば自分の気が向いた時にちょっとずつ施工ができるので気が楽で良いです。私としてはプロが作るようなキレイなコンクリート土間は望んでいません。ある程度の水平が保たれていて地面がコンクリートで固まっていればそれで良いのです。ひび割れも多少は良いでしょう。数か月家を空けただけでジャングルになる現状よりは大分マシというものです。

 

 

それでは早速組み立てます。組み立て自体はそんなに難しくはないです。説明書も丁寧にあります。

 

各組み立てフェーズごとにネジ類が分けられている親切設計です。

 

唯一注意点をあげるとすればドラムと羽根部分の組み立ての際にパーツの順番を間違えない事くらいですかね。ドラムと羽根の間にゴムが入ります。

 

完成したらこんな感じ

 

ドラムを傾ける仕組みです。ハンドルを引っ張ってロックを解除して任意の角度に傾けます。

 

 

それでは土間を作っていきます。材料はコメリから買ってきました。

 

 

実際にコンクリートを練っている所は動画でご覧ください。かなりシャバシャバですが、初めて作ってみたので感覚が良く分かっていませんでした。

 

 

とりあえず一日目はこれで終了しました。流石にこのままでは凸凹なので後からこの上にモルタルを塗ります。この方法で良いのかダメなのかは知りませんが、雑草を生やさないという目的は達成できるかと思います。

 

 

2日目。今回もコンクリートのみ打設。結構な量を流し込んでます。

 

 

3日目。コンクリートとモルタルを打設。モルタルは出来るだけ綺麗に仕上げようと努力はしましたが、所詮は素人仕事なので綺麗な平面にはなりません。ただ家の方に勾配が流れないようにだけは注意して施工しました。家の方に流れてきたら家が湿気でやられてしまいますからね。

 

 

4日目で完成。

 

薪を移動させるのが非常に面倒なので以降は薪を消費してからやります。

 

 

今回の土間打ちは枠組すら作らずただコンクリートを流しただけです。その点めっちゃ楽でした。DIYがなせる荒業です。

 

 

私が作った上記のYouTube動画のコメント欄は平和なんですが同時にアップロードしてる他のサイトではコンクリートの作り方が間違えてるだの。左官をなめるなよ!みたいなコメントを頂きました。

 

ここは私の敷地だから別に良いじゃないですか。見た目もそれほど気にしていないし、それにただ草が生えてこなければ良いだけなのでプロの技術なんて大それたものは要らないんですよ。

 

仮にプロに頼んだとしたらいくらかかるんでしょうね。今回は材料費だけなら15000円ほどでした。それでもお仕事として頼んだら8万円くらいは取るんじゃないでしょうか。頼まれた以上雑な仕事はしないはずですから。

 

綺麗で完璧な土間が欲しかったら金を積んでプロに頼めば良いし、私みたいに雑でもいいから取り敢えず安く地面をコンクリートで固めてしまいたい人は自分でやれば良いのです。

 

ただそれだけの話なんですがね。

 

そこそこの量を自分で土間打ちしたい方にはまぜ太郎はオススメですよ。私もまだ土間打ちしたい場所がありますのでしばらく活躍しそうです。

 

【ヤフーショッピング】
まぜ太郎 AMZ-70Y

【楽天市場】
まぜ太郎 AMZ-70Y

おすすめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA