【DIY】意外と簡単 スピージー ドライブシャフトブーツ交換 ド素人が愛車の車検合格を目指す記事 5

ミニキャブの車検整備でインナー側のドライブシャフトブーツを交換しました。スピージーのドライブシャフトブーツを買ったのですが、これの取り付けが簡単だったので紹介します。

 

セット内容

・ドライブシャフトブーツ

材質:クロロプレンゴム

 

・ブーツ専用組付剤

接着剤ではなく、潤滑剤です。組付け易くする為のローション的なものです。

 

・グリス

モリブテン系グリスです。3種類の内どれか一つ入っているようです。

 

・ブーツバンド

 

取り付け方

バンド、ブーツをニッパーで切って外します。

 

古いグリスを拭き取り、新たにグリスを注入します。

 

ブーツに組付剤を塗ります。

 

ミニキャブのドライブシャフトのジョイント部は丸形ではなく特殊な形状をしているので、ジョイント部のくぼみが自分の方に向くように位置を調整します。

 

くぼみの位置に割れ目になっています。

 

後はブーツをはめてバンドで留めるだけなのです。なにも難しいことはありません。ピックツールで溝に押し込めばとても簡単にブーツを同士をはめる事が出来ます。

 

 

これで作業は終わりです。めっちゃ簡単でした。

 

 

接着なしで、はめ込むだけのブーツですが耐久性は大丈夫なんですかねぇ

 

私は分割式のブーツは全部、接着剤でくっ付けるものだと思っていたので説明書を読んでビックリしましたよ。

 

不安なのでちょくちょく点検していきたいと思います。問題が発生したらこの記事に追記したいと思います。

 

ミニキャブU62Vインナーブーツ

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA