部屋の中で自転車整備ができるシート (整備マット)

自転車整備などを屋内で行う為の良い整備マットを発見したのでご紹介します。

 

 

ロードバイクなど自転車を趣味にしている方は、自転車を屋内で保管していると思います。部屋の中で自転車を保管すると雨風に晒されないので、劣化防止になり自転車を良い状態に保つことが出来ます。

 

 

しかし部屋で保管する場合、壁掛けや専用スタンドを用いずにそのまま直で自転車を置いてしまうとタイヤ痕が付いてしまいますよね。このタイヤ痕って中々消えなくて厄介です。

 

 

何か良い商品はないものかと探してみたら、ちょうどそれ用の商品を発見しました。

アストロプロダクツの自転車整備用マットです。サイズは178×60cm。自転車を置くには最適なサイズだと思います。

 

 

初めはアストロの整備マットを買おうと思っていたのですが代用できる物はないか一応、ホームセンターで探してみたら、もっと安くてよさげな物を発見しました。

 

 

ケーヨーデイツーに売っていた「1帖ビニフローリングアソート」という商品です。これが正式名称か定かではありませんが、とりあえずビニール製のシートです。

 

 

表面は滑り止めのエンボス加工がされています。ペラペラなものでなく、程よく厚みがあって部屋に敷く分には十分な耐久性がありそうです。サイズが182×91cm。アストロのマットより少し大きいですね。

 

 

裏面はツルツルしています。

 

 

部屋に広げてみました。

私は部屋で自転車整備以外にも色々作業をしたかったので2枚買いました。2枚買っても合計2000円ちょっとです。アストロの整備マットとほぼ変わらない値段ですね。非常に素晴らしいです。

 

 

整備マットを敷いたので真夏の炎天下の中で整備作業しなくて済みます。エアコンのガンガンに効いた部屋で快適に作業が出来ます。

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA