【自給自足】鶏を飼って卵は安く作れるのか検証してみた

毎日食べる卵。鶏を飼えば毎日新鮮でおいしい卵を食べられるのではないかという考えから実際に4羽のメスの鶏を飼って検証してみたので、鶏を飼うメリットデメリットを紹介します。

 

 

卵は安く自給できるのか?

結論から言うとスーパーで売られている卵(1パック200円と想定)より安く卵を得るは可能でした。

 

しかしながらこれは生産にかかった手間や設備の初期投資は一切除外しています。餌に関しては基本的に精米所から出てくる米ぬかを主食とし、タンパク質はその辺の虫や残飯から、カルシウムは貝殻から、ビタミン類は雑草から摂取させていたので基本的に無料です。鶏を飼っていた場所が冬は雪が降る環境だったので冬場に関しては鶏用の栄養が整った飼料を購入し与えていました。厳密に計算はしていませんが、冬に飼料を与えても餌代は卵で回収できると思います。

 

鶏を飼うメリットデメリット

メリット

卵が無料で手に入る

これは言わずもがなですが、卵が無料で手に入ります。若い鳥だったのでほぼ毎日産みました。一人で食べる分には余してしまいます。余った分はご近所さんにあげました。

ただ注意したいのは鶏は寒い季節は卵を産みません。10月くらいから徐々に産まなくなり11月にはほぼ産まなくなりました。

 

 

雑草を食べてくれる

鶏は雑草を好んで食べるので草刈りの頻度が減ります。草であれば何でも食べるので家庭菜園などをしている方は作物が食べられるので対策が必要です。

 

 

 

鶏は非常食になる

人によっては出来ない事かもしれませんが、鶏を捌く事に抵抗がなければ鶏は非常食になります。鶏の寿命はおおよそ5~10年なので、1年の育成期間を除けば数年間は新鮮な保存食がある状態になります。もっとも現代は長期間保存が出来ておいしい保存食が容易に手に入るので鶏の保存食としての優位性は低いですが、鶏を飼う事のメリットの一つとして挙げるには十分だと思います。

 

ちなみに私はオスの鶏を1羽捌いてみた事があります。感想としては手間の割に食べる部位が少ないので、今後積極的にやろうとは思いません。スーパーで売られている鶏肉の安さを実感します。

 

オス(雑種)の全部の肉でこれだけです。少し肉が硬かったですが、味は至って普通の鶏肉でした。

 

 

鶏糞が手に入る

家庭菜園をしている方にはメリットになると思います。

 

 

デメリット

鳥小屋を作り維持する必要がある

立派な物を作る必要はありあせんが、最低限雨風外敵から鶏を保護できる鳥小屋が必要です。特に厄介なのが外敵からの防御です。イタチは小さな穴からでも浸入出来きます。完全に小屋をふさいだつもりでも穴を掘って侵入します。鳥小屋の制作に関しては外敵対策を十分にして毎日の鳥小屋の点検が重要になります。

 

幸いにして私が飼った鶏は外敵からの被害はありませんでした。

 

害獣対策に費用がかかる

野猫などの害獣が多く生息している地域では電気柵などでの防御が必要になります。私は電気柵なしで日中は放し飼いしてましたが被害はありませんでした。しかしこれはたまたま運が良かっただけだと思います。

 

鶏を狙う野猫。被害が出る前に追い返しました。

 

脱走したペット猫。ペット猫も鶏にしてみれば大きな脅威です。

 

害獣対策で電気柵を準備するとなるとセット販売でおおよそ6万円。鶏から得られる卵、肉で費用を回収するには難しいと思います。しかし鳥小屋の中だけにとどめておくと雑草、虫などから栄養を摂取する事ができない為、栄養が整った市販の飼料を与える必要があります。年中飼料で飼った場合でも費用の回収は難しいと思います。


毎日世話をする必要がある

毎日水を替え、餌が減っていたら補充、鶏糞が溜まったら掃除。する事とはこれくらいですが、面倒と言えば面倒です。ペット感覚で鶏を飼うなら問題ないと思いますが、単に安く卵が欲しいからという理由で飼うのであれば大きなデメリットになります。生き物を飼う事全般に言える事ですが、長期間家を空ける事が出来なくなります。

 

鳴き声がうるさい

オスの鶏の鳴き声がうるさい事は飼い始める前から知っていましたが、烏骨鶏に関してはメスもうるさいです。「ココココココケェェェ!!!!!!ココココココ」という独特な鳴き声で日中頻繁に鳴いています。チャボに似ていた雑種のメスは静かでした。

 

メスの烏骨鶏

 

チャボっぽい雑種

 

 

生卵はそのまま食べられない

未消毒の卵は汚れているので勿論そのまま食べられません。しかし卵を回収して水洗いして保存すれば良いかと言えばそうでもないそうです。

【外部リンク】卵は洗う?洗わない?無洗卵の安全性と危険性とは?

私は卵は取ったらそのまま冷蔵庫に入れて、割る直前に消毒して食べていました。卵の扱いにもひと手間必要なのです。

結 論

卵はスーパーより安く作れます。ただ卵を作るのは非常に手間なので動物が大好きで世話好きな方は卵、鶏肉を自給自足するのに向いていると思います。単に安く卵、鶏肉を手に入れようと思っている方は鶏を飼うのはやめた方が良いです。費用面で得だとしても間違いなく手間の割に合わないです。

 

日本の卵は非常に安くて高品質です。特売だと1パック100円位で売られていますよね。大人しくスーパーで買った方が賢いと思います。

おすすめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA